最近の業績


学術論文

  • Hiroaki Omichi, Takahiro Ueda,* Taro Eguchi, “Molecular Motion of Alcohols Adsorbed in ACF Hydrophobic Nanoslits as Studied by Solid-State NMR”, Adsorption, 21(4), 273-282 (2015).
  • Takehiko Ushimi, Keisuke Miyakubo, Taro Eguchi, Takahiro Ueda,* Melting Point Elevation of Tetramethylsilane Confined in a Zn-based Metal-Organic Framework, Chemistry Letters, 43(4), 423-425 (2014).
  • Kohei Takakura, Takahiro Ueda,* Keisuke Miyakubo, and Taro Eguchi, “Local structure and dynamics of benzene confined in IRMOF-1 nanocavity as studied by molecular dynamics simulation”, Phys. Chem. Chem. Phys., 15, 279-290 (2013).
  • Takahiro Ueda,* Kenji Kurokawa, Yoshiki Kawamura, Keisuke Miyakubo, and Taro Eguchi, “1H NMR Study of Molecular Motion of Benzene and n-Decane Confined in the Nanocavities of Metal-Organic Frameworks”, J. Phys. Chem. C, 116, 1012-1019 (2012).



総説・解説など

  • 上田貴洋、「NMRで見るナノ制約分子-微小空間を舞台にした分子科学-」、オレオサイエンス14, No.6, 253-260 (2014).

  • 上田貴洋、「Interface(8) スリット状ナノ空間における凝縮相の特異な融解現象」、C&I Commun., Vol. 36, No.4, 30-32 (2011).

  • 上田貴洋、「NMRでみるナノ制約分子のダイナミクス」、表面49, No.7, 23(245)-32(254) (2011).



学会発表(2011年-)

  • 中井 雅子、山谷 達也、上田 貴洋、「多孔性配位高分子ZIF-8の分子吸着による構造変化とリンカーダイナミクスの固体NMRによる研究」(口頭発表 3C2-47)、日本化学会第95春季年会(千葉、日本大学、2015.3.25-29)
  • 山谷 達也、中井 雅子、上田 貴洋、「多孔性配位高分子ZIF-8の蒸気吸着速度とその温度依存性」(ポスター発表 2PC-078)、日本化学会第95春季年会(千葉、日本大学、2015.3.25-29).
  • 宮久保 圭祐、小栗 一輝、高橋 京子、上田 貴洋、「化石由来生薬「竜骨」の固体NMRによる分析」(ポスター)、第53回NMR討論会(大阪大学、2014.10.4-6).
  • 中井雅子、山谷達也、上田貴洋、「多孔性配位高分子ZIF-8 への蒸気吸着挙動とリンカーダイナミクス」(ポスター)、第28回日本吸着学会研究発表会(北海道大学、2014.10.23-24).
  • K. Miyakubo, S. Kohno, T. Eguchi, T. Ueda, “Substituent Effect on Phase Transition of Guest Molecules Confined in Porous Coordination Polymers (poster)“, 4th International Conference on Metal-Organic Frame-works and Open Framework Compounds (MOF2014), 2014/9/28-10/1, Kobe, Japan.
  • 豊田二郎、上田貴洋、「セルロース加水分解過程の計算化学的研究」(ポスター)、日本化学会第94春季年会(名古屋大学東山キャンパス、2014. 3.27-30)
  • 上田貴洋、「NMRで見るナノ制約分子‐微小空間を舞台にした分子科学‐」(招待講演)、物理化学インターカレッジセミナー(兼 日本油化学会界面科学部会九州地区講演会) (福岡、福岡大学セミナーハウス、2014.1.11-12)
  • 上田貴洋、河野早織、牛見建彦、宮久保圭祐、川路均、飯山拓、石丸臣一、「結晶性ミクロ孔に閉じ込められた凝縮相の相転移現象とそのミクロ細孔場依存性」(口頭)、第27回日本吸着学会研究発表会(千葉、千葉大学、2013.11.21-22)
  • Hiroaki Omichi, Takahiro Ueda, Keisuke Miyakubo and Taro Eguchi,  “Molecular Motion of Alcohols Adsorbed in ACF Hydrophobic Nanoslits as Studied by Solid State NMR”, FOA11: 11th International Symposium on the Fundamentals of Adsorption (poster), 2013/05/19-23, Baltimore, USA
  • 河野早織、宮久保圭祐、江口太郎、上田貴洋、「2,5-ジメチルテレフタル酸をリンカーにもつ多孔性高分子亜鉛錯体に吸着した ベンゼン分子集団の熱的性質」、日本化学会第93春季年会(2013)(口頭)(滋賀・草津 立命館大学、2013.3.22-25)
  • 牛見建彦、宮久保圭祐、江口太郎、上田貴洋、「配位高分子亜鉛錯体IRMOF-1に吸着したテトラメチルシランの熱異常」、日 本化学会第93春季年会(2013)(口頭)(滋賀・草津 立命館大学、2013.3.22-25)
  • 牛見建彦、宮久保圭祐、江口太郎、上田貴洋、「IRMOF-1に吸着したテトラメチルシランが示す熱異常」(ポスター・P- 26)、第26回日本吸着学会研究発表会(茨城・つくば、2011, 11.14-15)
  • 河野早織、宮久保圭佑、江口太郎、上田貴洋、「2,5-ジメチルテレフタル酸をリンカーにもつIRMOF-1に吸着したベンゼ ン分子集団が示す熱異常」(ポスター・P-07)、第26回日本吸着学会研究発表会(茨城・つくば、2011, 11.14-15)
  • 上田貴洋,高倉康平,宮久保圭祐, 江口太郎,MARTIN Bodo,COMBA Peter,「配位高分子亜鉛錯体に吸蔵されたベンゼン分子集団の局所構造とその吸着量依存性ー分子動力学法による検討ー」(ポスター),第25回日本吸 着学会研究発表会(沖縄・那覇,2011, 11.10-12)

  • 上田貴洋,高倉康平, 宮久保圭祐,江口太郎,MARTIN, Bodo,COMBA, Peter,「分子動力学法による配位高分子亜鉛錯体IRMOF-1に吸着されたベンゼン分子集団の相転移挙動と局所構造」(口頭),第5回分子科学討論 会(札幌,2011.9.20-23)

  • 上田貴洋,河村好紀,高倉康平,宮久保圭祐,江口 太郎,「配位高分子亜鉛錯体に吸着されたゲスト分子集団の相転移挙動と動的構造」(口 頭),第63回コロイドおよび界面化学討論会(京都大学,2011.9.7-9)

  • 高倉康平,上田貴洋, 宮久保圭祐,江口太郎,MARTIN Bodo,COMBA Peter,「分子動力学法による亜鉛配位高分子錯体に吸着されたベンゼン分子集団の相転移挙動とダイナミクスに関する研究」(1B7_11 口頭),日 本化学会第5回関東支部大会(東京農工大,2011.8.30, 31)



トップページへ戻る