阪大生がつくった展覧会

 学芸員養成課程の最終段階に、博物館実習という実践的な科目があります。2012年4月から施行された改正博物館法では、学外の施設で実施する従来の実習に加え、学内の博物館施設を利用した「学内実習」の実施が奨励されています。

 

   大阪大学総合学術博物館では法改正にともない、2010年度より学内実習を担当しています。実習内容は、館蔵資料等を用いた模擬展覧会の企画・開催です。実際の手順に従い、展覧会のコンセプトづくりから展示空間のデザイン、ポスター・チラシの作成、資料・解説パネルの展示に至るまで、学生たちが主体となって展覧会を作り上げていきます。毎年、短い準備期間にもかかわらず、それぞれに特色を持った展覧会を披露してくれています。ただ諸事情により、せっかく出来上がった展示を即日、撤去せねばなりません。

 

 そこでこのページでは、大阪大学総合学術博物館の博物館実習で企画・開催された模擬展覧会の模様を、インターネット空間に再現し、一般に供覧することにしました。未熟な点も多々ありますが、実習生の努力とアイデアが結実した展覧会を、是非ともお楽しみ下さい。

 

2014年度(一部、一般公開中【A-4班】【B-2班】

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度