秋の特別展のお知らせ

2006年10月30日〜11月24日に開催された特別展『「みる科学」の歴史』は好評のうちに終了いたしました。
大阪大学総合学術博物館では、この秋に、特別展を開催します。
江戸時代の顕微鏡から最先端の超高圧電子顕微鏡まで、そして、懐徳堂・中井履軒(なかいりけん)の自然科学の業績のかずかずを「みる科学」ととらえ、ご紹介します。
ぜひ、会場まで足をお運びください。入場無料です。

展覧会名「みる科学」の歴史
  ――懐徳堂・中井履軒から超高圧電子顕微鏡まで
会期2006年10月30日〜11月24日(会期中無休 土日開館)
開館時間午前10時〜午後4時半まで
会場大阪大学豊中キャンパス イ号館 1階 (2室構成)
入館料無料
協賛大阪大学大学院文学研究科・財団法人懐徳堂記念会・大阪大学超高圧電子顕微鏡センター
協力大阪大学大学院工学研究科・微生物病研究所

展覧会の趣旨
 この展覧会は2部構成となっています。
 まず、第1部(第1室)では、大阪大学の精神的な源流でもある懐徳堂の中井履軒をとり上げ、その自然科学の領域の業績を、大阪大学所蔵の資料によってたどります。履軒は、さまざまな自然界の事象をみずからの目で観察し、その考察結果を文章にまとめるだけでなく、絵画や模型を作って表現しています。美しい博物図譜や、解剖図、さらには天体モデル、そして、顕微鏡観察記録など、阪大の資料を陳列することで、履軒の「みる科学」の足跡を追いたいと考えています。陳列資料の中には、文学研究科懐徳堂センターの地道な資料整理によって見出された新出の資料も含みます。
 履軒の記した「顕微鏡記」は日本人による顕微鏡観察記録としてはもっとも早い貴重な資料ですが、そのときに履軒が覗いていたのと同じタイプのものと考えられる江戸時代の顕微鏡1基(個人蔵)もあわせて陳列します。
 第2部(第2室)では、履軒の「顕微鏡記」を受けるかたちで、大阪大学微生物病研究所所蔵の細菌学の祖コッホゆかりの顕微鏡や大阪大学工学部の電子顕微鏡開発の歴史をたどる展示を行います。肉眼や光学顕微鏡では「見えない」ミクロの世界を「みる」ようにすることが20世紀の自然科学者の夢の一つと言ってよいでしょう。電子が粒子であると同時に波であるという奇妙な性質をもつことを利用して開発された装置が電子顕微鏡です。わが国で最初に組み立てられた第1号機を展示するとともに、現在世界最高性能を誇る超高圧電子顕微鏡を遠隔操作で体験するコーナーも設けます。

展示資料一覧 青字は初公開資料です。
(第1部)
1.「中井履軒像(なかいりけんぞう)」
  1幅 紙本墨画・拓本    19世紀  本学文学研究科蔵
2.三宅石庵筆「懐徳堂額字(かいとくどうがくじ)」
  1幅 紙本墨書 18世紀  本学文学研究科蔵
3.「象紐の印(ぞうちゅうのいん)」
  4顆 木製・陶製      18世紀  本学文学研究科蔵
4.「青貝印匣(あおがいいんこう)」
  1点 木・漆・螺鈿    清時代18世紀 本学文学研究科蔵
5.「螺鈿算盤(らでんそろばん)」
  1点 木・竹・漆・螺鈿  18世紀    本学文学研究科蔵
6.中井履軒作「博山香炉(はくざんこうろ)」
  1点 陶製   18世紀    本学文学研究科蔵
7.中井履軒筆『左九羅帖(さくらじょう)』
  1帖 紙・着色画 18〜19世紀  大阪大学附属図書館蔵
8.伝中井履軒筆『画くじり(えくじり)』
  1帖 紙・着色画 18〜19世紀 大阪大学文学研究科蔵

9―1.中井履軒作「天図(てんず)〔紙製(かみせい)〕」
  1点 紙・布・木・箔 18世紀 本学文学研究科蔵
9―2.中井履軒作「天図〔木製(もくせい)〕」
  1点 木・紙・革 18世紀 本学文学研究科蔵
10.中井履軒作「方図(ほうず)」
  1点 紙・木・箔  18世紀    本学文学研究科蔵
11.伝中井履軒作「天体図解(てんたいずかい)」
  10点 紙・墨書 18世紀    本学文学研究科蔵
12.中井履軒筆『越俎弄筆(えっそろうひつ)』
  1冊 紙・墨書・着色画 18世紀  大阪大学附属図書館蔵
13.中井履軒筆『越俎載筆(えっそさいひつ)』
  1冊 紙・着色画   18世紀   大阪大学附属図書館蔵

14―1.中井履軒筆「顕微鏡記(けんびきょうき)〔定本(ていほん)〕」
  4葉 紙・墨書 18世紀 大阪大学附属図書館蔵
14―2.中井履軒筆「顕微鏡記〔稿本(こうほん)〕」
  3葉 紙・墨書 18世紀 大阪大学附属図書館蔵

15.江戸時代の顕微鏡
  1点 紙・木・ガラス等  18世紀          個人蔵

(第2部)
電子顕微鏡機1号機          大阪大学工学研究科蔵
コッホの顕微鏡           大阪大学微生物病研究所蔵
顕微鏡体験コーナー・超高圧電子顕微鏡遠隔操作コーナー 
ただし、遠隔操作は 11/3(金)、11/12(日)、11/19(日)の3日間のみ


第1部の展示資料のなかから、初公開資料などをいくつかご紹介します。

5「螺鈿算盤」
懐徳堂に伝えられた、17世紀から18世紀ごろの算盤です。
算盤は、室町時代の終わりごろに中国から伝来したあと、徐々に日本での使用に適したかたちに改良されていったと考えられています。中国の算盤は、梁の上に「五珠」を二個、下に「一珠」を五個通した形式でしたが、江戸時代初期には梁上一珠・下五珠の算盤が登場し、さらに近代以降、現在使われるような梁上一珠・下四珠の算盤へと移り変わっていきます。この算盤は、日本式に改良された形式とはいえ、中国の算盤の雰囲気を残しており風格が感じられます。


7『左九羅帖』と8『画くじり』
履軒の時代、18世紀後半は、自然界の産物を観察し、記録する「博物学」が、知識人の間で大流行した時代です。この、美しい図を中心としたカタログ『左九羅帖』と、その解説書『画くじり』には、履軒の、植物や鳥、動物、河童などの幻想の生物に向けられた鋭いまなざしが感じられます。大阪大学所蔵の『画くじり』は、今回が初公開です。




12中井履軒筆『越俎弄筆』
履軒の視線は人体の内部へも向けられます。友人で医師でもあった麻田剛立(1734〜1799)の行った動物解剖に立ち会った履軒は、その経験をもとに、安永2年(1773)に、この書物を著しました。題名には、「専門家でもないのに筆をとって書いてしまった」という謙遜の気持ちがこめられています。有名な、前野良沢・杉田玄白らによる『解体新書』出版の一年前のことでした。いささか稚拙な解剖図も、履軒自筆でしょう。


13『越俎載筆』〔初公開資料〕
いままで知られていなかった新出資料です。『越俎弄筆』の草稿と思われるものです。
解説が無く、図のみですが、『越俎弄筆』とは異なる図の構成になっており、知り得たことを形にしようとした、履軒の試行錯誤の過程が窺えます。
そして、とりわけ興味深いのは、解剖図の一部に、図を描いた紙を重ねて貼ってあり、「めくれる解剖図」となっていることです。



15.江戸時代の顕微鏡
 履軒は、日本ではじめての顕微鏡の観察記録となる「顕微鏡記」を著しました。そのとき、履軒がつかった顕微鏡は、舶来の顕微鏡を模して日本人が作った和製顕微鏡でした。そして、それはおそらく、この顕微鏡のようなものだったと思われます。舶来品が金属製であったのに対して、和製顕微鏡は木や竹で作られていました。実用品というよりも、優雅な美術工芸品のようです。



お知らせ
第1室展示資料について、詳細な解説書『「見る科学」の歴史――懐徳堂・中井履軒の目』(大阪大学出版会刊行)を会場にて一冊1,000円(税込)で販売しています。懐徳堂研究、日本美術工芸史、科学技術史のそれぞれの研究者の解説によって、懐徳堂資料の魅力をわかりやすく、ご紹介します。
解説書『「見る科学」の歴史――懐徳堂・中井履軒の目』
ISBN4-87259-207-7
定価 本体1,000円(税別)
会場にて一冊1,000円(税込)で販売中です。


MOUロゴ Copyright 2003-2010 The Museum of Osaka University. All rights reserved.