大阪大学美術部 2020年度夏部展

 「変わりゆく街、変わらない街」

 

 

 

 

【会期:2020年9月7日(月)~9月21日(月)】

【会場:美術部ホームページ上の仮想空間にて展示】

※下記のアドレスをクリックすると展示会場に移動します。
http://hanbi.main.jp/

 

今年度は、コロナウイルス感染拡大の影響により4月から7月の間、大学構内にある部室が使用できず、美術部としての活動も制限を受けました。こうした理由から一度は中止も検討した夏部展ですが、大阪大学総合学術博物館の皆様のご協力により、オンラインでの展示を行うことができました。

コロナウイルスの流行は、私たちの日常に大きな変化をもたらしました。多くの企業がテレワークを導入し、私たちの通う大阪大学もメディア授業へと踏み切りました。「緊急事態宣言」中は多くの飲食店やサービス業が休業し、「街」からは人が消えました。以前の「街」は多くの人が談笑し交流する場所でした。これからの「街」はどうなってゆくのでしょうか。

今回の展覧会は、私たちにとって身近な場所だった「街」をテーマに、変わっていくもの、変わらないもの、変わってよかったもの、変わってほしくないものを手がかりに、私たちの「街」を再構築しました。大きな時代の転換期に、私たちと一緒に改めて街の在り方を見つめなおしてみませんか?
大阪大学美術部2020年夏部展「変わりゆく街、変わらない街」。どうぞお楽しみください。

 

 

2020年大阪大学美術部

 

 

企画

「街の変化」
朝の街、真昼の街、夕暮れ時の街…。同じ場所でも、時の流れにともなってその雰囲気はまるで異なるものへと変化します。企画「街の変化」では、明け方は赤、真昼は黄、昼下がりは緑、夕暮れ時は橙、夜は青、深夜を紫といったように、色を用いて時間の変化を表現しました。様々な色合い、変化をお楽しみください。

 

「四季と街」
企画「四季と街」では、春夏秋冬と街の変化をイラストにしました。時間や季節の経過に伴う街の変化は避けられないものです。しかしそうした変化の中でも、私たちにとって「変わらないもの」があるのではないでしょうか。季節それぞれの馴染みあるイベントやおいしい食べ物、美しい風景をお楽しみください。

 

「いろいろな街」
この企画では、それぞれの部員の、街に対するいろいろなイメージを絵にしてもらいました。コロナという非常事態の中、人々が密集して生活する街というのは過去の幻想になってしまうかもしれません。いろいろな街を見て、なにかを感じてもらえたらと思います。

 

投稿日: