No.176 生物はどのようにして『季節』を感じ取っているのか?

【定員に達したため締め切りました】

No.176 生物はどのようにして『季節』を感じ取っているのか?

講師:長谷部政治 (理学研究科・助教)

実施日:2024年2月24日(土)

時間:14:00〜15:30 (13:45開場)

参加費:無料

定員:30名(要申し込み・先着順)

内容:日本などの温帯地域には四季が存在し、季節に応じて外部の環境が劇的に変化します。野外の生物はこのような季節変化に適切に対応していますが、どのようにして季節の移り変わりを正確に読み取っているのでしょうか? 今回の講演では、約1日(24 時間)リズムを刻む体内時計を用いて、この季節変化に対応するメカニズムについてご紹介します。

 

会場:庄内公民館 視聴覚室 講座室 ※お部屋が変更になりました(庄内コラボセンター内)

アクセス方法:阪急宝塚線庄内駅から南西に約600メートル

※駐車場には限りがございます。できるだけ公共交通機関をご利用ください。

 

投稿日: