第16回特別展「モダン中之島コレクション  “大大阪”時代の文化芸術発信センター」

 

大阪大学総合学術博物館第16回特別展

モダン中島コレクション

“大大阪”時代の文化芸術発信センター

 

 

 大阪中之島は、江戸時代に蔵屋敷が並んだ「天下の台所」を象徴する土地であり、近代に入ると大正7年(1918)に大阪市中央公会堂(重要文化財)、同10年に華麗なステンドグラスが嵌め込まれた大阪市庁舎が完成し、金融機関、新聞社、図書館、ホール、ホテルが集積したシビックセンター (Civic Center) として発展しました。昭和37年(1962)には具体美術協会の美術館「グタイピナコテカ」が開館、昭和45年(1970)の大阪万博で「具体」メンバーはアートパフォーマンスも行っています。現代も中之島は、パブリックアートが集積し、都市全体を美術館に見立てた“エコ・ミュージアム”として機能しています。

 そして、2022年の大阪中之島美術館の開館は世界的にもユニークな“美術館島”として、この地域をさらに新しい文化ゾーンへと変貌させようとしており、大阪大学も大阪大学中之島センターを改修し美学、美術史、演劇学、音楽学、文芸学など芸術系の拠点として「大阪大学中之島芸術センター(仮称)」の2023年の開設を目指しています。

 こうした動きを眺めつつ、当館では、大正14年(1925)の第2次市域拡張で東京市を抜いて日本最大、世界第六位となった“大大阪”時代を中心に、中之島が文化芸術に果した役割を、文化施設関係のパンフレットや絵画、写真、地図、刊行物など、日常生活や社会に氾濫した“イマジュリィ”(イメージ図像)を中心に再検証します。

展覧会概要

会  期:2022年4月28日(木)~7月30日(土)

会  場:大阪大学総合学術博物館 待兼山修学館 ※入館無料

開館時間:10時30分~16時30分(入館は16時まで)

     日曜日・祝日休館

主  催:大阪大学総合学術博物館

共  催:大阪大学大学院人文学研究科、大阪大学大学院工学研究科

協  力:大阪市中央公会堂、大阪歴史博物館、大阪くらしの今昔館

     株式会社竹中工務店、株式会社ロイヤルホテル

     大阪大学医学部医学史料展示室

後  援:関西経済同友会

 

 チラシPDF

 

展示構成

第1章 大阪中之島大パノラマ ー江戸・明治・大正から「大大阪」へー

第2章 シビックセンター遊覧 ーモダン・ライフと都市施設ー

第3章 深化する“アートアイランド” ー新しい文化芸術の発信拠点ー

 

出品リストはこちら

 

「中之島船上解説」動画はこちら

主な展示品

・初代長谷川貞信「浪花百景」より「たこの松」紙本多色摺 大阪大学総合学術博物館蔵

・「大阪市パノラマ地図」印刷 1923年 個人蔵

・『会館芸術』V0l.2,No.4 朝日会館発行 1933年 個人蔵

・武田五一「大阪市公会堂新築設計図 透視図」原画 紙本・インク・1921年 大阪市蔵

・森琴石「難波橋渡り初め式図(下絵)」 紙本・墨画 1915年 個人蔵

・安井曾太郎「薔薇」油彩・カンヴァス 1934年 株式会社ロイヤルホテル蔵

・「旧大阪市庁舎楣(まぐさ)・ステンドグラス(扇形)」1921年 大阪くらしの今昔館蔵

 

「浪花百景」より「たこの松」
「大阪市パノラマ地図」より中央公会堂周辺
『会館藝術』Vol.2,No.4表紙

関連イベント

◯シンポジウム

「歴史の可能性を可視化するー再現される大阪市中央公会堂コンペ案」

日  時:2022年6月25日(土) 13:00〜16:30

会  場:大阪市中央公会堂 3階 中集会室

※5月中旬より募集開始

 

◯そのほか、ミュージアムレクチャーも7月2日(土)、7月23日(土)に開催予定です。

 

※募集時期・方法につきましては決まり次第、当ホームページ・SNSにてお知らせいたします。

 

お願い

◯新型コロナウイルス感染拡大防止のため、展覧会内容・イベントに変更が生じる場合がございます。

入館の際、マスク着用・検温・消毒をお願いしております。

投稿日: